アトピー性皮膚炎 アトピー治療の最前線 芝皮フ科クリニック (皮膚科・形成外科) 東京都 港区 芝

治療科目

皮膚科

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎については、まず症状や経過、アトピー素因の有無を中心に、必要に応じて血液検査なども参考にして総合的に診断します。その上で悪化因子の検索やスキンケアの指導を行い、症状に応じた治療を行っております。

アトピー性皮膚炎を100%治す技術はまだ確立されていません。治療法を変えるだけ、病院をうつるだけでは同じことのくり返しです。こんどは、自分自身を見つめ直してみて下さい。 何かちょっとしたことがあなたの治癒力を発揮させる第一歩になるかもしれません。

イボ・ウオノメ・ニキビ

ウオノメやタコは、足の特定の場所に継続的に圧力がかかって発症します。
タコは皮膚の表面の角質が部分的に肥厚したもので、痛みません。
ウオノメは肥厚した部分にさらに圧がかかって硬くなり、芯をもっているため、歩くたびに刺激されて痛みがあります。

また、足の裏によくできるのが足底疣贅(そくていゆうぜい)-イボです。
これをウオノメと勘違いすることがあります。
このタイプのイボはウィルス性の腫瘍です。知らずに削って広がることもあります。
この区別をきちんとするためにも、皮膚科の受診をおすすめします。

水虫(内服・レーザー治療)

爪水虫治療 爪水虫に対しては内服およびレーザー治療が効果的です。 内服は1日1回1錠内服することによって3か月から半年できれいな爪が生えてくるようになります。レーザー治療はここ最近の新しい治療法です。 爪の上からピンポイントでレーザーを照射していきます。 1つの爪に照射する時間は1分弱でその間痛い、熱いといった感覚はほとんどありません。 3週間から1か月に1回の照射で半年で約8割強の有効率です。 (レーザー治療は自費となります) 内服を併用するとより効果があります。

抜け毛・薄毛

男性型脱毛症(AGA)に対して、初めて臨床試験で効果の認められた内服薬であるフィナステリド(商品名:プロペシア)を用いた治療を行います。

ビタミンC誘導体

美白作用(メラニンの生成を抑制)、コラーゲン、エラスチンの生成を促進するビタミンC誘導体を配合したローションです。

高濃度のビタミンCを皮膚から大量に吸収させることが可能になりました。 さらに結合したリン酸は、吸収後体内で分解されるので、皮膚の細胞内には、これまでにない高濃度のビタミンCが残ります。 しかも、飲んで摂取するよりも直接塗る方が数倍も効果があることが証明されています。

にんにく注射

「いくら寝ても、眠い・・・。」
「何をするにも、なんだかだるい・・・」
一晩ぐっすり寝てもスッキリしない,いつも疲れている。そんなあなたは

一本 ¥1,000_ の『にんにく注射』が、その“疲れ”を完全燃焼します。

プラセンタ注射

「プラセンタ」とは、胎盤のことです。胎盤は、お腹にいる赤ちゃんのへその緒とつながっていて、栄養を送ったり、酸素を送ったりします。これには、赤ちゃんが成長するのに必要な栄養が、ぎっしりつまっているのです。

ストレスの多い現代社会で暮らす私たちが失いつつある「自然治癒力」。
これは自分自身の力で体のメンテナンスをして、活き活きとした本来の自分を取り戻す力です。プラセンタの最大の特徴は、この「自然治癒力」を増大させることです。

湿潤療法

湿潤療法とは、キズを乾かさず湿った状態を維持することで治癒力を最大限高めていく治療法です。浸出液(キズから出てくる液体)には皮膚の治癒力を高める働きがあります。 「キズを適度に湿った状態」に保つために吸水性の特殊なシートをキズにあてます。ジュクジュクに湿り過ぎても乾きすぎてもいけません。吸水性のシートには様々な種類があるので症状に応じた素材を選びます(自費)。 シートを使っている期間は軟膏などのぬり薬は不要です。消毒液もキズの治りを遅くするので使用しません。 血行がよくなると出血量や痛みが増します。キズの状態が落ち着くまでは飲酒・スポーツ・温泉・サウナ・浴槽であたたまる、などを控えてください。シャワーは可能です。

形成外科

ホクロ・おでき

ホクロとひとことで言っても、色は黒いけれども平らで出っ張っていないもの、黒くないけれども出っ張っているもの、生まれた時からある、いわゆる「黒アザ」まで、いろいろな症状があります。

また、「何の おでき かわからないけれど最近大きくなってきた」「ホクロでもイボでも無い おでき ができた」など、皮膚のおできを取る手術も行っています。

あなたの状態にあわせた治療法を提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

治りづらいイボ・ウオノメ

イボやウオノメはまず皮膚科で治療しますが、なかなか治らない抵抗性のイボや芯のとれないウオノメに外科的治療を行うことがあります。

そのような場合は、炭酸ガスレーザーで削ったりメスで切除し縫い縮めることで、きれいに除去可能で傷口もほとんど目立ちません。豊富な実績がありますので、お気軽にご相談ください。

シミ・ソバカス・赤ら顔

シミ・ソバカス・赤ら顔の状態に応じて内服、外用、光線などを組み合わせて治療します。

シワの治療

しわの治療方法として一般的にヒアルロン酸注入、ボトックス注入などがあります。

ニキビ

当院では、出来るだけ内服を控え、体に備わっている力を引き出しながら症状を緩和させるように治療します。

傷跡・ニキビ跡

ケガや手術の傷跡を目立たなくする手術や注射、またニキビ跡のへこみにレーザー治療など、症状に合わせた治療を行います。

レーザー・フォトセラピー

当院では、レーザー機器を使いわけ、レーザー治療に内服薬や外用剤などを併用しながらその方に適した治療を行い、痛みの少ない光線治療で肌の悩みを解決します。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸と聞くと化粧品の保湿成分というイメージがありますが、実は私たちの体内(皮膚・眼球・関節)に存在する物質です。 ヒアルロン酸は、少量の成分で大量の水分を抱え込むことができ、お肌のうるおいを保ちます。

ボツリヌス菌注入

ボツリヌス菌の持つ筋肉を麻痺させるという作用を医学的に利用し、局所的に筋肉の働きを弱めることで、表情ジワを無くしていったり、エラの張りをなくし顔をすっきりさせたり、汗を抑える作用から多汗症の治療に使用されています。

水光注射

水光注射はヒアルロン酸をベースとした注射液を皮膚の浅い層に「細かく」 「均一に」特殊な器械で注入することにより肌に潤いとみずみずしさを与えます。 肌の弾力性を向上させ、シワ・小じわを改善し、くすみ・毛穴の開きを修復します。 当院ではVITAL-INJECTOR(ヴィタールインジェクター)と呼ばれる注入機器で水光注射(すいこう注射)を行っております。極細の針が5本付いた自動注射器で、皮膚を吸引しながら美肌成分を面状に均一に注射が可能です。